子どもの居場所

雲が!
雲が夏の雲になってきた!!

真っ青な空に
もっこもこの雲

 

気持ちよさそうで
おいしそうで
信号待ちで空に見入ってしまう

大きなもこもこをみると
「あの中にラピュタがいる」
と思う(笑)

 

自分がこんなに雲が好きなんだと
最近気づきました

どこにいったら
雲はたくさん見えるのかな
山?海?

どちらにせよ
日焼けはお断りです

 

 

そんな夏の始まりに
いや~な事件が起きましたね

7歳女児が自宅で意識不明
無施錠で4時間外出した母親に
批判と擁護

 

夏休みに入り
子どもを留守番させる家庭は
学校のある時期に比べて
増えてくるのは当然のこと

我が家も今年は3人で
お留守番していますよ

児童クラブも
年齢が上がるにつれて
使いづらくなる

毎日お弁当にもなるし・・・

留守番ができるのであれば
留守番していてほしいですよ

それよりも一緒にいられるのなら
一緒にいたいですよ

 

子どもの居場所がないという
現実があるんです

 

今回の事件も
施錠しなかったのはいかんけど
だからといって
みんなが批判する必要は
ないでしょう

後悔は母親本人が
一番しているんだから

 

ただこの事件を受けて
冷や汗流れたのは
私だけではないはず

小学校高学年くらいの
子どもを持つ親は
みんな同じ気持ちだと思う

 

じゃあ今
私に何ができるかな

ノブレス・オブリージュ

高貴さは義務を強制する

フランス語だってことを
昨日知った私

そしてこの言葉を知ったのは
仮面ライダーにでてきたから
平成ライダーですよ
水嶋ヒロでしたよ〜

 

社会的地位の高い人は
自分の行動に責任を持たねばならない

なんて偉そうな意味なんですけど
地位とか何とかではなく

 

自分のできることで
社会を良くしていけたらいい

働く母親を支援したい
せめて私の周りにいる
人たちだけでも

子どもたちにも
楽しく過ごして待っていてほしい

例えば

そろそろ
つぼみの隣にある倉庫で
リフォームが始まります
部屋にして
何かができる場所にしたいと思ってます

 

そこを使って
夏休みの子どもの居場所を
作ってみたり
もちろんご飯付きがいい

 

簡単にはいきませんよ
そこで働く人が必要だし
お金だってかかるし

それでも
やれないことはない
できないことでもない

そうなったら

やるしかないですよね

 

とっても短絡的ですが

 

 

やっぱり母親は
自由にでかけることもできない・・・
なんて思ったそこのアナタ

悲観する前に

やれることあると思いますよ

まずは彼女の容態が
回復に向かいますように