認可保育園での死亡事故

またも朝から
悲しい映像に涙した

中国でCOVID-19
(コロナウイルスにこんな
名前ついたんですよ)
肺炎により死亡した人は
そのまま即火葬で
お葬式もできないそう

 

車に乗せられた母親の遺体を
追いかけながら
「ママ ママ」
泣いている娘の映像

 

そんなの悲しすぎるよ〜

 

声が悲痛でもう・・・(T_T)

 

 

さらに追い打ちで
昨日大阪の認可保育園で
1歳男児が給食を喉に詰まらせて
窒息死したとのこと

 

認可保育園ですよ

 

無認可でも
認可外でもない

 

認可ですよ

 

どんなにしっかり
こどもを見ていても
記録をとっていても
できうる限りの予防を
していたとしても

 

死なせてしまったら
保育園側は過失以外
何も言えない

 

これからこの事故の詳細が
公表されることと思いますが

 

私たち保育に関わる者は
そこから失敗を学んで
明日からの保育に
活かしていくという
責任があります

 

こんなことを望んで
保育をしていた保育士は
いないでしょうし
調理員も
子どもの成長を思って作った
給食だったはず

 

何より
苦しい思いをしたであろう
男の子
保護者家族の皆様を思うと
いたたまれない・・・

 

園長としても
母親としても
気を引き締めよう

 

ここで
窒息の時の対処法を
おさらいしておきましょう

勝手に画像使えなさそうな
カンジがしたので
園長画伯がチャッチャッと

裏紙に

ラクガキしましたよ!(笑)

 

子どもに限定しますからね

1歳以上
背部叩打法

子どもを前かがみにして
背中をバッシバッシ叩く
遠慮しちゃいかんですよ

もし骨がヒビ入ったって
青あざできたって
死ぬことに比べたら
なんだというの

 

そして
ハイムリック法

みぞおちにこぶしを当てて
もう片方の手て支えて
グッと押します
素早く

 

ホラ
みぞおちでこんなことされたら
吐いちゃうわって思いますよね?
それが正解です

 

1歳未満でのオススメは
こちらです

片手にのせて
口あけて
支えきれなければ
ヒザの上において
こちらの場合は
叩くというより押す
肩甲骨の間を
グイグイ押して吐き出させる

 

これらと並行して
救急車は呼ぶし
AEDも準備します

 

とても一人じゃ
やりきれません

 

なので
子育て中は
ひとりにならないように
常に心掛けておくのも
必要な予防方法ですね

 

こう考えると
夫婦がなぜ必要なのかも
理解できますよねぇ