母としてしんどい

土曜日の保育利用について
保育園利用のママたちは
どう考えているのかな

 

と思うことは
よくよくあります

 

園によっては
すっごい利用に
制限かかっているところ
ありますね

 

仕事じゃないなら
利用はできない

 

雇用証明に
土曜日出勤と記入されて
いないと利用できない

 

シフトの提出が必要

 

保育園はこれに
お弁当持参という
オマケ付きです

 

一時つぼみでも
シフト提出はお願いしていましたが

 

 

ふと

 

土曜日閉園は
給付金の減算になる

 

というのなら

 

自園調理をしていない
土曜日もある意味
減算対象になるのでは・・・?

 

とイジワルなことも
考えてしまったりする

 

 

 

 

さて土曜日の保育利用

 

園側の事情からすると

 

保育士の数を減らせるのは
土曜日しかないんですよ

 

つまり休みがとりやすいのは
土曜日のみ

 

そうなると
土曜日の保育利用は
少ないほど助かる

 

保育士の働き方改革

 

という意味合いもあり

 

日祝保育を行っている園では
なおさらです

 

保育士の人数に余裕がないと
休みがとれない現状ですね

 

でも保育士がいないからって
保育を断るのも
何か違うような・・・

 

そして今だに根強い
働いていないなら
子どもみれるだろう
という考え

 

月曜から金曜まで
ビッチリ働いていた
私からしたら

 

休みくれよ

 

という思いでしたよ

 

仕事も育児も
していない時間は
さぼっている時間

 

みなされてるように感じて

 

母としてしんどい

 

 

 

私は
つぼみにいるママたちは
甘やかしたい

 

自分がね
まだ母親じゃない時は
思わなかった

 

親なんだから
子どもをみて当たり前

 

そう思っていた

 

保育士も
結構この考え方の先生
多い

 

休みなら子どもみなさいよ

 

そう思ってる保育士

 

それが正しいと思い込んでる

 

自分に当てはめてみたら
分かるのに

と思う

 

仕事からも育児からも
家事からも離れた時間

 

それを平日とれているなら
土曜日利用は必要ないでしょう

 

そうじゃないなら
土曜日の保育は
必要な時間なんだよ

 

だから
土曜日保育の利用制限は
はずしていきたいと
思っています

 

でもね
忘れないでいてほしいのは

 

保育士も働く母である
ということ

 

いいっていうならと
やたらめったら
むやみに利用するのは
品のない大人のすることですよ

 

仕事と言って
コッソリ休んで罪悪感を
感じるより
堂々と利用して休んでほしい

 

それが言える間柄を
ママたちと築いていきたい

 

ママたちが甘えられる場所

 

 

つぼみ小規模保育園

 

 

ただし

 

度が過ぎる甘えには

園長のカミナリが
落ちることも

お伝えしておきますよ